要介護認定の手続きと流れ

健康保険証を持っていれば、医療機関等で治療や薬の処方を受けられます。
ですが、65歳になった時に市区町村から届く「介護保険被保険者証」を持っていても、すぐに介護サービスは受けられません。
介護サービスを利用するためには、「要介護認定」を受けることが必要で、要介護認定については、厚生労働省が次のように定めています。

【要介護認定とは】
○ 介護保険制度では、寝たきりや認知症等で常時介護を必要とする状態(要介護状態)になった場合や、家事や身支度等の日常生活に支援が必要であり、特に介護予防サービスが効果的な状態(要支援状態)になった場合に、介護サービスを受けることができる。
○ この要介護状態や要支援状態にあるかどうか、その中でどの程度かの判定を行うのが要介護認定であり、保険者である市区町村に設置される介護認定審査会において判定される。
○ 要介護認定は介護サービスの給付額に結びつくことから、その基準については全国一律に客観的に定める。

【要介護認定の流れ】
○ 市区町村の認定調査員による心身の状況調査(認定調査)及び主治医意見書に基づくコンピュータ判定(一次判定)を行う。
○ 保健・医療・福祉の学識経験者により構成される介護認定審査会により、一次判定結果、主治医意見書等に基づき審査判定(二次判定)を行う。

つまり、「介護が必要な状態である」と認められないと、保険を使ってのサービスは受けられないということです。

時々、要介護認定の結果が出るまでに約1ヶ月必要とお伝えすると驚かれることがありますが、上記の流れを経ることになるので、時間はかかってしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【セミナー】
65歳以上の親を持つ働き盛り世代必見!
誰も教えてくれない1000万円以上得する公的制度と資産形成
『サードライフ🄬攻略セミナー』

SEMINER

【公的制度勉強会】
年金・健康・介護という三大公的保険を理解せずに民間保険は語れません。
あなたは、生活の基盤にある制度について尋ねられた時、お客様の心を掴めるだけの回答ができますか?
そこに、生活を任せられる信頼が生まれ、他の保険募集人との差別化に繋がります。

STUDY

【仕事と介護の両立支援】
貴社にも、辞められては困る大切な従業員がたくさんいることでしょう。
では、その大切な従業員が介護に直面した場合に、従業員を守れるだけの体制が整っていますか?
まだ大丈夫!そう思っていませんか?
対象者が出てきてからでは手遅れなのです。
体制の整備が遅れると、従業員の不利益になるばかりか、国の助成金も受け取れません。

SUPPORT

関連記事

  1. 65歳からの介護保険料

  2. 転入出で要介護認定を引き継ぐために

  3. 住み慣れた地域で最期まで暮らせる社会の実現

  4. ダブルケアが深刻化しています

  5. 介護は自分に関係ないものと思っていませんか?

  6. 介護が必要になっても「自立」した生活を送るということ

  7. 仕事と介護を両立させるということ~介護離職増加の原因~

  8. 現役並み所得の方は、介護サービスを利用した時の負担割合が3割になります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    社会保障制度改革の主な検討課題
  2. ブログ ~介護編~

    介護保険制度の主な歩み
  3. 活動内容

    2019年8月7日 第3回スマートサロン~真夏の…
  4. 活動内容

    2019年8月6日 法人従業員向けマネーセミナー…
人気の記事 おすすめ記事