サルコペニアを予防しましょう

≪サルコペニアとは≫
加齢や疾患により、筋肉量が減少することで、握力や下肢筋・体幹筋など全身の「筋力低下が起こること」または、歩くスピードが遅くなる、杖や手すりが必要になるなど、「身体機能の低下が起こること」を指します。

サルコペニアという用語は、ギリシャ語で「筋肉」を表す「sarx (sarco:サルコ)」と「喪失」を表す「penia(ぺニア)」を合わせた言葉です。

≪サルコペニアの影響≫
私たちの筋肉量は、30代から少しずつ低下し、80歳ごろには約30%の筋肉が失われます。
年齢とともに衰える筋肉は、上肢よりも下肢の方が多く、また下肢では、ふくらはぎよりも太ももの方が多くなります。

そのため、サルコペニアは65歳以上の高齢者に多く、特に75歳以上になると急に増えてきます。
サルコペニアになると、「歩くスピードが遅くなる」「転倒・骨折のリスクが増加する」「着替えや入浴などの日常生活の動作が困難になる」「死亡率が上昇する」など、さまざまな影響が出てきます。

65歳以下の人でも、デスクワークや自動車に頼る生活習慣などによって、筋肉が著しく減っている場合があります。
若い人の中にもサルコペニア予備群がいるので、注意が必要です。

≪注意の必要なサルコペニア予備軍≫
1.やせている(BM18.5以下)75歳以上の高齢者
特にたんぱく質の摂取が少ない粗食の人は注意が必要です。

2.メタボで脚が細いタイプ
メタボや肥満を医師から指摘されて食事制限は行っているけれども、運動を全くしていないといった場合です。
このタイプは、筋肉の減少と肥満の両方を併せ持つ「サルコペニア肥満」と考えられます。
体重の負荷の割に筋力が弱いため、転倒しやすくなります。

3.若い女性
ダイエット目的で食事制限だけを行い運動をしないと、脂肪だけでなく筋肉も少なくなってしまいます。

≪サルコペニアの自己チェック≫
「歩くのが遅くなった(横断歩道を渡りきれない)」「手すりにつかまらないと階段を上がれない」「ペットボトルのキャップを開けにくくなった」、といった場合はサルコペニアが疑われます。
また、両手の親指と人差し指で「輪」を作り、ふくらはぎの一番太いところを輪で囲んだとき、輪の方がふくらはぎよりも大きい場合も、サルコペニアが疑われるそうです。

当てはまる場合は、筋肉を増やすよう、
・乳製品や肉・魚などのタンパク質やアミノ酸を含む食品を食べる
・ウォーキングなどの有酸素運動、スクワット、ストレッチなど、運動の習慣を身につける
など、生活習慣を工夫することが大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【セミナー】
なんで誰も教えてくれなかったの⁉
知るだけで驚くほどに人生が変わる!1000万円以上得する公的制度と資産形成
『サードライフ🄬攻略セミナー』

SEMINER

【仕事と介護の両立支援】
家族に介護が必要になったら・・・
・・・どんな介護サービスを受けられるの?
・・・介護をしながら仕事を続けていくにはどうしたらいいの?
介護支援プランを確立すれば、従業員が安心して働ける環境を創ることができるとともに、介護のために制度を利用する従業員が発生したときにも、助成金により企業の損失を埋めることが可能になります。

SUPPORT

関連記事

  1. 介護が必要となった主な原因

  2. 親が病気になったとき、子どもに何を伝え、どう支えていきますか

  3. 見えない障害「高次脳機能障害」をご存知ですか?

  4. 認知症はなってしまったら仕方ないと言える病気でしょうか

  5. 認知症高齢者と熱中症

  6. 糖尿病から足切断、要介護状態になった男性の後悔

  7. セカンドライフの時間は、生涯の働く時間より多いって知っていましたか?

  8. 親の健康は子どもの健康

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    社会保障制度改革の主な検討課題
  2. ブログ ~介護編~

    介護保険制度の主な歩み
  3. 活動内容

    2019年8月7日 第3回スマートサロン~真夏の…
  4. 活動内容

    2019年8月6日 法人従業員向けマネーセミナー…
人気の記事 おすすめ記事