引っ越したのに介護保険や健康保険は前住地のまま? 住所地特例制度って?

A市にお住いのTさんより、
「母親の介護保険施設を探していて、B市にいい施設を見つけんだけど、
B市はここより介護保険料が高いし、
またいろんな手続きを一からするのが手間だから迷っているの。」
とお話がありました。
  
「B市の施設に入所しても、
A市の介護保険や健康保険が継続するので、
保険料も介護認定も軽減制度も今まで通りですよ。
心配ありません。」とお伝えすると、
Tさんはキョトン。

詳しく説明させていただくと、安心され、
すぐに施設の申し込みをされるとのことでした。

介護保険制度では、
原則として住民票のある市区町村の被保険者になりますが、
その例外が「住所地特例制度」です。

被保険者が他の市区町村の施設に入所して、
その施設に住所を変更した場合には、
前住地の市区町村の被保険者資格が継続します。

介護保険施設等を多く持つ市区町村に、
他の市区町村からサービス利用者が転入することにより、
その市区町村の介護保険財政が圧迫されることを防ぐための制度です。

具体的な例を挙げてみます。
(1)A市からB市の施設に入所・・・保険者はA市のまま
(2)A市からB市の施設に入所後、退所してC市の家族宅に居住・・・保険者はA市からC市
(3)A市からB市の施設、さらにC市の施設に入所・・・保険者はA市のまま

対象施設は、「介護老人福祉施設」、「介護老人保健施設」、
「介護療養型医療施設」、「養護老人ホーム」、「軽費老人ホーム」、
「有料老人ホーム」、「サービス付き高齢者向け住宅」です。

この住所地特例制度は、原則、
国民健康保険や後期高齢者医療保険にも適用されます
(後期高齢者医療保険は都道府県等が運営しているので、
適用範囲が異なる場合があります)。
施設選びの際の参考になれば幸いです。

 

関連記事

  1. 確定申告することにより年間60万円以上得するケースも!!

  2. 介護保険適用外のサービス例③~通院介助~

  3. 失敗しない住宅改修①

  4. 介護保険適用外のサービス例⑤~入院中の介護~

  5. 高額医療合算介護サービス費の見直しについて

  6. 地域包括支援センターは高齢者の暮らしを守る総合相談・支援の拠点です。

  7. 住宅改修費1人20万円の例外

  8. 介護保険適用外のサービス例④~認知症~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    社会保障制度改革の主な検討課題
  2. ブログ ~介護編~

    介護保険制度の主な歩み
  3. 活動内容

    2019年8月7日 第3回スマートサロン~真夏の…
  4. 活動内容

    2019年8月6日 法人従業員向けマネーセミナー…
人気の記事 おすすめ記事