「介護費用で年金と貯金を使い果たし、生活保護も受けられない」女性へのアドバイス

「2人分の年金が夫の施設費用でなくなって、私は貯金を取り崩して生活していました。でもその貯金も底をつき、生活保護にすがるしかないと思って役所に来ましたが、断られました。」そんな80歳を過ぎた女性がいました。

その人の夫は、10年ほど前から介護が必要になり、徐々に悪化して寝たきりになったそうです。施設に入所することができましたが、費用は月に20万円近く必要でした。2人分の年金相当額です。

女性の生活費や税金や保険料、医療費など、貯金はどんどんなくなっていきました。
ですが、持ち家だったために、生活保護も受けられなかったのだと思います。

なぜ、もっと早く相談してくれなかったのと思いました。
必要な確定申告をして、軽減制度を利用することにより、月の費用が9万円に下がったのです。
さらに、税金も5年分還付され、保険料も下がりました。
月に10万円あれば、女性の生活は成り立ちます。
まとまって還ってきた税金で、少しは貯えもできたと思います。

ですが、手続きには時効があり、取り戻せない金額は500万円以上にも上ります。
なぜ、10年もの間、不要なお金を払い続けなければならなかったのでしょうか。
このお話には、公には書けない事情もあります。

この続きや詳細は、「老後資金貯蓄戦略セミナー」でお話ししていますが、自分の親や、将来の自分に現実的に降りかかるかもしれないと、真剣に考えていただけると嬉しいです。
少しでも多くの人の「知らなくて損する」を「知って得する」に変えていけるよう、精一杯お伝えしていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【セミナー開催のお知らせ】
今月開催するセミナーでは、サードライフ(健康ではなくなった老後)を見据えることの重要性を認識いただくため、クイズ形式のワークを行い、私がお伝えすることを知っていたら違う未来があったはずの壮絶な介護現場についてお話しします。
そして、今と未来に、自由と豊かさと安心を手に入れる解決方法があるということをお伝えします。
さらに、セミナーを受講いただいた方には、無料で個別相談も実施いたします。
この機会に、いま支払っている公的支出の無駄をなくし、将来を見据えた資金計画を構築しましょう。

セミナーお申込み

関連記事

  1. 一番大きな損失は「何もしなかったこと」だと後悔しないために

  2. 退職後でも傷病手当金は受給できます

  3. 免除等を受けた国民年金は追納すべきか

  4. 困ったときは生活保護があるって安易に思っていませんか?

  5. 障害年金は病気が治った場合どうなるのでしょうか?

  6. 「106万円の壁」と「130万円の壁」②

  7. 平成30年8月より高額療養費制度が変わりました

  8. 配偶者と死別または離別された場合の寡婦(寡夫)控除をご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 活動内容

    2019年1月10日 公的制度勉強会(パワーアッ…
  2. 活動内容

    2018年11月20日 介護相談アドバイザー資格…
  3. 活動内容

    2018年11月17日 介護の個別相談会
  4. 活動内容

    2018年11月12日 主婦の友社主催イベントで…
人気の記事 おすすめ記事