一人娘が4人を介護!?

昨日、先輩と話をしている中で、昔受けた相談を思い出しました。

その女性は40代。一人っ子のため、10年前から80代のご両親を介護してきました。
仕事も辞め、結婚もせず頑張ってきたそうです。

ところが、父親の姉と母親の弟がほぼ同時に介護が必要になり、どうしたらよいかわからないと涙ながらに語られました。

父親の姉は主人に先立たれ子どもはおらず、母親の弟は独身でした。親族は自分だけ。放っておくこともできない。でも手もお金も足りない。とても逼迫した状態でした。

介護認定の手続き、後見人の手続き、利用料の軽減の手続き、施設の入所手続き、それぞれがスムーズに流れるようご案内し、各関係機関に協力を求め、事なきを得ました。

その女性が、「今後の支援体制だけでなく、両親が亡くなった後の自分の生活を考えないといけない」と前を向いてくださったこと、嬉しく思いました。

少子化、長寿化、晩婚化、非婚化…今後このような状況が更に起こりえる社会になります。
独身の方、子どものいない方、独身の兄弟をお持ちの方、子どもが一人の方…介護なんて必要ないと言わず、将来の自分や自分の親族のサードライフ(健康ではなくなった老後)を一度考えてみてください。
そして何を今しなければいけないのか、何ができるのか、考えて実行できる人が増えると、深刻な高齢化社会にも明るい兆しが見えてくると思います。

関連記事

  1. 地域包括支援センターは高齢者の暮らしを守る総合相談・支援の拠点です。

  2. 失敗しない住宅改修②

  3. 保険料滞納により年70万円の介護費用が年250万円へ

  4. 仕事と介護を両立させるということ~介護離職ゼロの実現~

  5. 現役並み所得の方は、介護サービスを利用した時の負担割合が3割になります…

  6. 引っ越したのに介護保険や健康保険は前住地のまま? 住所地特例制度って?…

  7. 介護保険料の算定の仕方の疑問点

  8. 要介護認定についてよく聞かれること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 活動内容

    2019年1月10日 公的制度勉強会(パワーアッ…
  2. 活動内容

    2018年11月20日 介護相談アドバイザー資格…
  3. 活動内容

    2018年11月17日 介護の個別相談会
  4. 活動内容

    2018年11月12日 主婦の友社主催イベントで…
人気の記事 おすすめ記事