介護保険適用外のサービス例⑤~入院中の介護~

入院が長引けば洗濯が必要になりますが、自分ができない場合や、家族が対応できない場合はどうしますか。

また、身の回りのお世話は看護師がほとんど担当してくれますが、認知症患者の場合、家族に付き添いを求められることも珍しくありません。

入院により環境が変化したことで、安静を保つことが難しくなることがあり、暴れたり、騒いでしまったりなどのトラブルを避けるために、家族に助力を求めます。

それ以外にも、声が出せないなど、意思疎通が難しい場合なども、付き添いを求められることがあります。

家族が交代で対応できればいいですが、対応できない場合は、ヘルパーに洗濯や付き添いの助けをお願いしたいと考えると思います。
ですが、入院中は医療保険が適用されているため、介護保険サービスでのヘルパー利用はできません。

付き添いを、家政婦や自費サービスとしてのヘルパーにお願いすると、費用的な負担は大きくなります。
洗濯も、衣類やタオルのリースサービスなどを行っている病院がありますが、別途費用がかかります。

そのような想定をしつつ、入院に必要な助成などの知識を得ることが必要です。
(ちなみに、家政婦等に支払った付き添い料は医療費控除の対象になります。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【セミナー開催のお知らせ】
今月開催するセミナーでは、サードライフ(健康ではなくなった老後)を見据えることの重要性を認識いただくため、クイズ形式のワークを行い、私がお伝えすることを知っていたら違う未来があったはずの壮絶な介護現場についてお話しします。
そして、今と未来に、自由と豊かさと安心を手に入れる解決方法があるということをお伝えします。
さらに、セミナーを受講いただいた方には、無料で個別相談も実施いたします。
この機会に、いま支払っている公的支出の無駄をなくし、将来を見据えた資金計画を構築しましょう。

セミナーお申込み

関連記事

  1. 介護保険適用外のサービス例⑥~施設入所~

  2. 介護保険適用外のサービス例①~健康な同居家族がいる場合の生活援助~

  3. 知っていたら9万円受け取れたはずなのに

  4. 仕事と介護を両立させるということ~介護離職ゼロの実現~

  5. 介護は自分に関係ないものと思っていませんか?

  6. 高額介護サービス費をご存知ですか?

  7. 介護が必要になっても「自立」した生活を送るということ

  8. 介護離職をなくすために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 活動内容

    2019年1月10日 公的制度勉強会(パワーアッ…
  2. 活動内容

    2018年11月20日 介護相談アドバイザー資格…
  3. 活動内容

    2018年11月17日 介護の個別相談会
  4. 活動内容

    2018年11月12日 主婦の友社主催イベントで…
人気の記事 おすすめ記事