介護保険適用外のサービス例⑥~施設入所~

寝たきりや認知症で、日常生活において常時介護が必要で、自宅では介護が困難になった場合、施設入所を考えると思います。

施設サービスを利用した場合の負担額は、サービス費用の1割または2割(平成30年8月からは3割も導入)ですが、居住費や食費、日常生活費は自己負担となります。

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設には居住費と食費の軽減制度がありますが、所得要件と資産要件があります。
要件に該当した低所得の方であれば、多床室代が1日370円、食事代が1日390円の計800円弱で済むところ、要件に該当しなければ、1日2000円以上を必要とします。個室になればさらに高額になります。

軽減制度の要件に該当しない場合や、有料老人ホームやグループホームなどの他の施設を利用する場合は、月15万円以上必要になることを念頭に置かなければなりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【セミナー開催のお知らせ】
今月開催するセミナーでは、サードライフ(健康ではなくなった老後)を見据えることの重要性を認識いただくため、クイズ形式のワークを行い、私がお伝えすることを知っていたら違う未来があったはずの壮絶な介護現場についてお話しします。
そして、今と未来に、自由と豊かさと安心を手に入れる解決方法があるということをお伝えします。
さらに、セミナーを受講いただいた方には、無料で個別相談も実施いたします。
この機会に、いま支払っている公的支出の無駄をなくし、将来を見据えた資金計画を構築しましょう。

セミナーお申込み

関連記事

  1. 高額介護サービス費をご存知ですか?

  2. 要介護認定の手続きと流れ

  3. 引っ越したのに介護保険や健康保険は前住地のまま? 住所地特例制度って?…

  4. 介護離職をなくすために

  5. 住宅改修費1人20万円の例外

  6. 確定申告することにより年間60万円以上得するケースも!!

  7. 「子どもに迷惑かけたくない」と「どうにかなる」は矛盾しています

  8. 介護施設は多種多様。施設の特徴を知っていれば安心です②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    自営業者も産休中の年金保険料が免除されます
  2. 活動内容

    2019年4月23日 健康相談アドバイザー認定講…
  3. 活動内容

    2019年4月21日 老後破産防止セミナー
  4. 活動内容

    2019年4月16日 第1回スマートサロン開催
人気の記事 おすすめ記事