保険料滞納により年70万円の介護費用が年250万円へ

65歳から住所地に納める介護保険料は、原則、半年から1年の間に特別徴収(年金天引き)に移行します。
それにより納め忘れがなくなるわけですが、様々な理由により特別徴収できない方もいます。
  
今日は、「介護は必要ない」と保険料納付を拒否し続けた方が、家庭崩壊に至った悲しいお話をお伝えします。
  
もと大工だったその男性は、年金額も少なかったため、介護保険料の特別徴収ができない方でした。
「健康には自信がある。介護なんか必要ない。」と、年間約6万円の保険料の納付を拒否し続けました。
その方が70歳を過ぎた頃だったでしょうか。転倒し、頭を打ったことにより寝たきりの状態になりました。
家族は離れて暮らす息子さんしかいなかったのですが、タイミングよく入所できる施設が見つかりました。
当初、父親の収入から、軽減制度を利用することにより、月の費用は6万円程度だと聞いていた息子さんですが、保険料滞納により給付制限を受けることを知りました。
1割負担が3割負担、軽減制度も利用できず、月に20万円余りを支払わなければなりません。
  
息子さんは専業主婦だった奥様に働いてほしいと頼み、その収入は介護費用に消えていきました。生命保険の解約や貯蓄の取り崩しも余儀なくされ、夫婦仲が険悪になったことは言うまでもありません。
息子さんは「こんなことになるくらいなら、介護保険料くらい俺が払ったのに。」と、涙ながらにおっしゃっていました。
  
年金、健康保険、介護保険などの公的な制度は、もしものことがあった時に味方になってくれます。
何もなかったときに、「保険料がもったいない」ではなく、「健康でよかったね」と考えられる方が、安心と豊かさを持てるのだと思います。

関連記事

  1. 介護保険料はどこまで増えていくのか

  2. 仕事と介護を両立させるということ~介護離職増加の原因~

  3. 介護保険適用外のサービス例⑥~施設入所~

  4. 1人1人が「自助」「互助」の役割を理解することが必要な社会になっていま…

  5. 「子どもに迷惑かけたくない」と「どうにかなる」は矛盾しています

  6. 介護保険料の算定の仕方の疑問点

  7. 住み慣れた地域で最期まで暮らせる社会の実現

  8. 65歳からの介護保険料

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 活動内容

    2019年1月10日 公的制度勉強会(パワーアッ…
  2. 活動内容

    2018年11月20日 介護相談アドバイザー資格…
  3. 活動内容

    2018年11月17日 介護の個別相談会
  4. 活動内容

    2018年11月12日 主婦の友社主催イベントで…
人気の記事 おすすめ記事