約100万円の障害基礎年金が貰えなかった方

老齢基礎年金の繰上げ支給を請求し、後悔された女性がいます。
  
老齢基礎年金は、原則として65歳から受けることができますが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰上げて受けることができます。しかし、繰上げ支給の請求をした時点に応じて年金が減額され、その減額率は一生変わりません。
  
その方は、「年金制度はいつ破綻するかわからない。私自身いつ死ぬかもわからない。だから貰えるうちに貰う。」と、老齢基礎年金を繰上げて受け取りました。
本来の受給額は年額約70万円。60歳から受け取られましたので、約50万円に減額されました。
  
その3年後です。くも膜下出血で倒れ、命はとりとめましたが、後遺症が残り、介護を必要とする生活になりました。
本来であれば、約100万円の障害基礎年金が生涯もらえる状況です。
ですが、繰上げ請求をしたために、障害基礎年金の請求ができず、約50万円の年金額は生涯変わりません。
毎月約10万円の介護費用を親族が負担することになりました。
  
年金の繰上げ請求には、他にもリスクが伴います。
私はご相談いただいたときに、余程生活に困っている方か、病気を抱えて長寿が見込めない方以外は、繰上げ請求をしない方がいいことをお話します。
  
今、あなたにもしものことがあった時、どんな公的制度が利用できて、どれだけの支給が受けられるか、把握できていますか?
一度、ご家族で確認することが大切です。

関連記事

  1. 平成30年8月より高額療養費制度が変わりました

  2. 生前贈与はタイミングと用途をよく考えて!

  3. 休職・休業中でも社会保険料を負担しなければなりません

  4. 可能なら学生納付特例制度は利用しない方が効率的です

  5. 障害年金は病気が治った場合どうなるのでしょうか?

  6. 特別徴収される保険料は社会保険料控除に含められるか

  7. 退職後でも傷病手当金は受給できます

  8. 退職したときの健康保険任意継続制度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    社会保障制度改革の主な検討課題
  2. ブログ ~介護編~

    介護保険制度の主な歩み
  3. 活動内容

    2019年8月7日 第3回スマートサロン~真夏の…
  4. 活動内容

    2019年8月6日 法人従業員向けマネーセミナー…
人気の記事 おすすめ記事