NISA(ニーサ)ってよく聞くけど、どんな制度?

NISA(ニーサ)は「少額投資非課税制度」のことです。
つまり、「投資で得た利益を非課税で受け取れる制度」です。

株や投資信託を売却したときに得られた利益(売却益)や、保有していることで得られる定期的な配当、分配金には税金がかかりますが、
NISA口座を利用した取引であれば毎年120万円までの投資分の利益をまるごと受け取れます。

また、2018年より、現役世代の長期の資産形成を支援するため、「積立NISA(つみたてニーサ)」が始まりました。

積立NISAは名前のとおり、毎年一定額を積み立て投資することが前提となっています。
投資に対する利益の非課税期間は、NISAが5年間なのに対し積立NISAは20年間と長期間になりますが、
毎年の投資上限額はNISAが年120万円、積立NISAは年40万円です。

NISAは個別の上場企業の株式への投資も認められるのに対し、積立NISAは金融庁に認定された投資信託、ETF(上場投資信託)だけが対象となり、不便と感じるかもしれませんが、安心できるものと言えます。

なお、NISAと積立NISAは同時に利用することはできず、どちらかを選択しなければなりません。

さらに、20歳未満の子供でも利用できる「ジュニアNISA」は、口座開設者が20歳になるまで非課税の適用が受けられますが、18歳になるまでは投資資金を引き出せません。
投資上限額は年80万円とNISAと比べ少なくなっています。

先日の投稿でiDeCo(確定拠出型年金制度)についてお話しました。
どの制度を利用するべきか難しいものです。

例えば、
将来の年金や退職金に上乗せする老後資金には「iDeCo」、
短期的に資金を増やしたい場合や退職後の高齢者には「NISA」、
子供の将来の教育資金ならば「ジュニアNISA」、
現役世代でコツコツと資産形成をして行きたい場合は「積立NISA」
と言うように、自分の状況にあった制度の選択をし、リスクを納得した上で活用していきましょう。

関連記事

  1. 免除等を受けた国民年金は追納すべきか

  2. 一番大きな損失は「何もしなかったこと」だと後悔しないために

  3. 時代は変わった

  4. 平成30年8月より高額療養費制度が変わりました

  5. 休職・休業中でも社会保険料を負担しなければなりません

  6. 「106万円の壁」と「130万円の壁」②

  7. 特別徴収される保険料は社会保険料控除に含められるか

  8. 2年で元が取れるお得な付加年金制度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    社会保障制度改革の主な検討課題
  2. ブログ ~介護編~

    介護保険制度の主な歩み
  3. 活動内容

    2019年8月7日 第3回スマートサロン~真夏の…
  4. 活動内容

    2019年8月6日 法人従業員向けマネーセミナー…
人気の記事 おすすめ記事