「106万円の壁」と「130万円の壁」②

社会保険料の自己負担や損をしない稼ぎ方を考えてみましょう。

例えば、配偶者の健康保険の扶養家族(年金第3号被保険者)だった人が、継続的に10万8334円以上(年収130万円の壁)の月収を得るようになった場合、自分で国民年金や国民健康保険料を支払わなければならなくなります。

得られる保障はほとんど変わらないにもかかわらず、新たに支払いが発生する保険料や税金を合わせると、年間30万円ほどの負担額となってしまいます。
つまり、130万円の壁をほんの少し超えてしまうより、130万円未満に抑えておく方が得になると言えます。

130万円未満の時よりも多く収入を得るには、160万円は稼がないと、働いた分が損することになります。
それなら、「106万円の壁」の条件を満たし、厚生年金と企業の健康保険に加入しましょう。

厚生年金と企業の健康保険に加入するメリットをお伝えします。

〇厚生年金と企業の健康保険料は会社との折半の負担になる
〇厚生年金に加入すると将来貰える年金が増える
〇万が一の時に障害厚生年金を受け取れる
〇万が一の時に配偶者に遺族厚生年金が支給される場合がある
〇病気やけがで働けなくなってしまっときに傷病手当金を受け取れる
〇出産のために産前産後休暇を取ったときに出産手当金を受け取れる

厚生年金と企業の健康保険に加入すると、扶養家族でいた頃より手取り収入が減ってしまうことはありますが、メリットもかなり大きいと言えます。
将来を見据えて、損をしない働き方をしっかり考えましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【セミナー開催のお知らせ】
今月開催するセミナーでは、サードライフ(健康ではなくなった老後)を見据えることの重要性を認識いただくため、クイズ形式のワークを行い、私がお伝えすることを知っていたら違う未来があったはずの壮絶な介護現場についてお話しします。
そして、今と未来に、自由と豊かさと安心を手に入れる解決方法があるということをお伝えします。
さらに、セミナーを受講いただいた方には、無料で個別相談も実施いたします。
この機会に、いま支払っている公的支出の無駄をなくし、将来を見据えた資金計画を構築しましょう。

セミナーお申込み

関連記事

  1. 平成30年8月より高額療養費制度が変わりました

  2. 困ったときは生活保護があるって安易に思っていませんか?

  3. 時代は変わった

  4. 「106万円の壁」と「130万円の壁」①

  5. 2年で元が取れるお得な付加年金制度

  6. 入院や手術の費用が心配なとき

  7. 特別徴収を理解して、賢い納税者になりましょう

  8. 退職後でも傷病手当金は受給できます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    自営業者も産休中の年金保険料が免除されます
  2. 活動内容

    2019年4月23日 健康相談アドバイザー認定講…
  3. 活動内容

    2019年4月21日 老後破産防止セミナー
  4. 活動内容

    2019年4月16日 第1回スマートサロン開催
人気の記事 おすすめ記事