18年間の厚生年金加入期間を無駄にしないために

私は18年間の行政職を経て、個人事業主として起業し、国民年金に加入しましたが、その後法人成りをして、再度厚生年金に加入しました。

その理由の一つは、もしも、事故や病気で私が亡くなった時に、家族に遺族厚生年金が支給されないからです。

遺族厚生年金の主な受給要件は、厚生年金に加入中に死亡したとき、または25年以上の受給資格期間がある人が死亡したときです。

私はどちらも満たしておらず、もしもの時に18年の厚生年金加入期間が活かされないと思いました。

私のように、脱サラをして起業をされた方、もしもの時に遺族年金がどのくらい支給されるか知っていますか?

年金事務所等で確認した上で、法人成りを検討する、生命保険を見直すなど、必要な対策をご家族と検討してください。

関連記事

  1. 自営業者も産休中の年金保険料が免除されます

  2. 可能なら学生納付特例制度は利用しない方が効率的です

  3. 「老後破産」を防ぐために現役世代が今からできること

  4. 病気やケガで仕事を休んだときの傷病手当金

  5. 平成30年8月より高額療養費制度が変わりました

  6. 配偶者と死別または離別された場合の寡婦(寡夫)控除をご存知ですか?

  7. 約100万円の障害基礎年金が貰えなかった方

  8. 公的保険に関する改正(自営業者も産休中の年金保険料が免除に)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    社会保障制度改革の主な検討課題
  2. ブログ ~介護編~

    介護保険制度の主な歩み
  3. 活動内容

    2019年8月7日 第3回スマートサロン~真夏の…
  4. 活動内容

    2019年8月6日 法人従業員向けマネーセミナー…
人気の記事 おすすめ記事