18年間の厚生年金加入期間を無駄にしないために

私は18年間の行政職を経て、個人事業主として起業し、国民年金に加入しましたが、その後法人成りをして、再度厚生年金に加入しました。

その理由の一つは、もしも、事故や病気で私が亡くなった時に、家族に遺族厚生年金が支給されないからです。

遺族厚生年金の主な受給要件は、厚生年金に加入中に死亡したとき、または25年以上の受給資格期間がある人が死亡したときです。

私はどちらも満たしておらず、もしもの時に18年の厚生年金加入期間が活かされないと思いました。

私のように、脱サラをして起業をされた方、もしもの時に遺族年金がどのくらい支給されるか知っていますか?

年金事務所等で確認した上で、法人成りを検討する、生命保険を見直すなど、必要な対策をご家族と検討してください。

関連記事

  1. 休職・休業中でも社会保険料を負担しなければなりません

  2. 公的保険に関する改正(自営業者も産休中の年金保険料が免除に)

  3. 生前贈与はタイミングと用途をよく考えて!

  4. 2年で元が取れるお得な付加年金制度

  5. 「介護費用で年金と貯金を使い果たし、生活保護も受けられない」女性へのア…

  6. 退職後でも傷病手当金は受給できます

  7. 障害年金は病気が治った場合どうなるのでしょうか?

  8. iDeCo(イデコ)ってよく聞くけど、どんな制度?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    認知症の介護にはお金がかかる
  2. ブログ ~介護編~

    要介護認定申請時の主治医
  3. ブログ ~お金・年金編~

    持ち家があれば生活保護は受給できない?
  4. ブログ ~介護編~

    オレンジリング
人気の記事 おすすめ記事