親の健康は子どもの健康

親子とも健康であるのは理想的なことです。
では、子どもも親も健康であるには、どのようなことが必要なのでしょうか?

子どもが受診したときの問診で、
何かの病気を抱えている親族がいるか、という質問がされることがあります。
子どもの病気に遺伝的な要素が関係していることは確かにあります。

必ずしも親ではなく、祖父母やおじ、おばなどの病気と
同じ病気になることも少なくありません。

いずれにしても、遺伝が大きく影響して子どもが病気になるとすれば、
親としてはとても悲しいことです。
結婚して子供ができると、多忙で自分のことは二の次になり、
自分の体のことを構っていられなくなるかも知れません。

しかし、子どもへの影響を考えると、病気にならないようにすること、
また、もし病気があるなら十分治療を受けることが必要です。

関連記事

  1. 介護が必要となった主な原因

  2. 特定疾病療養受療証をご存知ですか?

  3. セカンドライフの時間は、生涯の働く時間より多いって知っていましたか?

  4. 転倒しない身体づくりが必要な理由

  5. 認知症はなってしまったら仕方ないと言える病気でしょうか

  6. 親が病気になったとき、子どもに何を伝え、どう支えていきますか

  7. 生活習慣病はその予防とリハビリにも広い視野を持つことが大切

  8. 認知症高齢者と熱中症

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    認知症の介護にはお金がかかる
  2. ブログ ~介護編~

    要介護認定申請時の主治医
  3. ブログ ~お金・年金編~

    持ち家があれば生活保護は受給できない?
  4. ブログ ~介護編~

    オレンジリング
人気の記事 おすすめ記事