入院や手術の費用が心配なとき

「入院して手術を受けることになったが、医療費がどのくらいかかるかわからなくて不安だ。」
というお話を聞くことがあります。

健康保険には、高額な医療費を支払った場合に、
あとで自己負担限度額を超えた分について払い戻される「高額療養費制度」があります。

ですが、払い戻されるとはいえ、高額な医療費の支払いは、大きな負担になります。
また、払い戻しは、診療月から3ヶ月以上かかります。

そこで、70歳未満の人で、高額な窓口負担が発生する場合には、
事前に保険者へ「限度額適用認定証」の申請をしましょう。

交付された「限度額適用認定証」を医療機関窓口へ提示することで、
医療機関ごと(1ヶ月単位)の窓口負担が法定の自己負担限度額までとなります。

もちろん差額ベッド代などは別途必要になりますが、
前もって用意すべき医療費がわかれば安心できます。

なお、住民税が非課税の場合は、食事代の軽減も受けられる場合がありますので、
入院が決まった場合は事前に保険者へ確認しましょう。

関連記事

  1. 退職したときの健康保険任意継続制度

  2. 時代は変わった

  3. 配偶者と死別または離別された場合の寡婦(寡夫)控除をご存知ですか?

  4. 18年間の厚生年金加入期間を無駄にしないために

  5. 一番大きな損失は「何もしなかったこと」だと後悔しないために

  6. 「106万円の壁」と「130万円の壁」①

  7. NISA(ニーサ)ってよく聞くけど、どんな制度?

  8. 休職・休業中でも社会保険料を負担しなければなりません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 活動内容

    2019年1月10日 公的制度勉強会(パワーアッ…
  2. 活動内容

    2018年11月20日 介護相談アドバイザー資格…
  3. 活動内容

    2018年11月17日 介護の個別相談会
  4. 活動内容

    2018年11月12日 主婦の友社主催イベントで…
人気の記事 おすすめ記事