退職したときの健康保険任意継続制度

健康保険被保険者の資格喪失日の前日まで継続して2ヶ月以上被保険者であった場合、資格喪失日から20日以内に保険者に届け出ることによって、任意継続被保険者となることができます。

ただし、20日以内であっても、1度でも他の健康保険に加入した場合(配偶者の扶養家族になった、再就職して企業の健康保険に加入した後すぐに退職したなど)は、任意継続被保険者とはなりませんので、よく考える必要があります。

任意継続被保険者の資格を喪失するのは、2年を経過したときや、保険料を納付期日(原則としてその月の10日)までに納付しないとき、被保険者となったときなどです。

任意継続被保険者の保険料には事業主負担がなく、全額を自己負担しなければならないため、負担は大きくなります。
ただし、保険料は、「被保険者の資格を喪失したときの標準報酬月額」または「前年の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額」のいずれか少ない額をもって決定されるため、定年退職など給与が高い人の場合は、退職時の保険料が2倍になるわけではありません。

さらに定年退職など、退職後に収入が大きく減る場合は、任意継続に2年加入するより、2年目は国民健康保険に加入した方が保険料が下がる場合があります。
「任意継続はお得」と思い込み、比較検討をせずに2年間継続されているというお話をよく聞きますが、世帯や収入の状況により異なります。
退職する際には、事前に公的制度について情報を得ながら、自分に最善の方法を選択しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【セミナー】
65歳以上の親を持つ働き盛り世代必見!
誰も教えてくれない1000万円以上得する公的制度と資産形成
『サードライフ🄬攻略セミナー』

SEMINER

【公的制度勉強会】
年金・健康・介護という三大公的保険を理解せずに民間保険は語れません。
あなたは、生活の基盤にある制度について尋ねられた時、お客様の心を掴めるだけの回答ができますか?
そこに、生活を任せられる信頼が生まれ、他の保険募集人との差別化に繋がります。

STUDY

【仕事と介護の両立支援】
貴社にも、辞められては困る大切な従業員がたくさんいることでしょう。
では、その大切な従業員が介護に直面した場合に、従業員を守れるだけの体制が整っていますか?
まだ大丈夫!そう思っていませんか?
対象者が出てきてからでは手遅れなのです。
体制の整備が遅れると、従業員の不利益になるばかりか、国の助成金も受け取れません。

SUPPORT

関連記事

  1. 自営業者も産休中の年金保険料が免除されます

  2. 特別徴収される保険料は社会保険料控除に含められるか

  3. 18年間の厚生年金加入期間を無駄にしないために

  4. 「介護費用で年金と貯金を使い果たし、生活保護も受けられない」女性へのア…

  5. 公的保険に関する改正(自営業者も産休中の年金保険料が免除に)

  6. NISA(ニーサ)ってよく聞くけど、どんな制度?

  7. 時代は変わった

  8. 2年で元が取れるお得な付加年金制度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    社会保障制度改革の主な検討課題
  2. ブログ ~介護編~

    介護保険制度の主な歩み
  3. 活動内容

    2019年8月7日 第3回スマートサロン~真夏の…
  4. 活動内容

    2019年8月6日 法人従業員向けマネーセミナー…
人気の記事 おすすめ記事