確定申告することにより年間60万円以上得するケースも!!

介護保険は、住民票の世帯全員が住民税のかかっていない「非課税世帯」と、世帯員の1人でも住民税のかかっている「課税世帯」とで、大きな違いのある制度です。

非課税世帯は、保険料や利用料の軽減が受けられますが、課税世帯は軽減制度の対象外となります。
  
介護保険は、他の公的保険制度とは異なり、所得の算定に「合計所得」を使います。
合計所得は、基礎控除等の控除額を引く前となりますので、所得税がかかっていなくても、住民税がかかる場合があり、この場合も課税者扱いとなります。

例えば、年額160万円の年金収入しかない人も、扶養控除や障害者控除等の申告をしなければ課税者となります。
月20万円の介護費用は到底賄えません。

なお、障害者手帳を持っていなくても、要介護認定を受けていれば、市区町村長による「障害者控除対象者認定書」により障害者控除の対象となる場合があります。

公的年金等の収入金額が400万円以下である場合等は、確定申告は必要ないとされていますが、申告をすることにより税金の還付や介護保険の軽減制度が受けられる場合があります。

介護認定を受けている人がご家族にいる場合などは、
確定申告の必要性をしっかり確認しましょう。

関連記事

  1. 1日生まれって損!?

  2. 介護保険適用外のサービス例④~認知症~

  3. 成年後見制度を知っていますか?①

  4. 転入出で要介護認定を引き継ぐために

  5. 介護保険料の算定の仕方の疑問点

  6. ダブルケアが深刻化しています

  7. 失敗しない住宅改修②

  8. 「子どもに迷惑かけたくない」と「どうにかなる」は矛盾しています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ブログ ~お金・年金編~

    社会保障制度改革の主な検討課題
  2. ブログ ~介護編~

    介護保険制度の主な歩み
  3. 活動内容

    2019年8月7日 第3回スマートサロン~真夏の…
  4. 活動内容

    2019年8月6日 法人従業員向けマネーセミナー…
人気の記事 おすすめ記事